ペンキ屋さんがやってきた!初めての塗替え。

住宅塗装をする際の職人との接し方や、塗替え時に知っておきたい情報を掲載していきます。

あるある。

【塗装業】ペンキ屋さんのあるある体験!

投稿日:2017-04-14 更新日:

ペンキ屋さんが日々の仕事の中で起こる

あるあるを紹介します。

お釣りを上から落とされる。

コンビニ等で買い物をしてお釣りを手渡しで貰う時に、

小銭を上から落とされます。

(お釣りを渡す手が貰う手から遠い。

手から手に小銭を落とされる。)

 

店員さんはきっと、

「ペンキ屋さんはペンキだらけで汚いから、

手が触れたらペンキが付いちゃう。」

(私の想像です。)

と思っていて、

明らかにペンキ屋さんの手に触れないようにお釣りを渡してきます。

 

ペンキの作業着ではなく普段着の時は、

普通に対応してもらえるので、

きっと私が思っている通り、

カッコが汚いからだと思います。

 

俺も、昔ペンキ屋やってた!!

街中で仕事をしていると、

たまに「俺も昔ペンキ屋だったんだ!懐かしいな~!」

と話しかけてくる知らないおっちゃんが現れます。

 

私が思うに、こんな感じで話しかけてくるおっちゃん達は

みんなペンキ屋をあまりやった事がないと思っています。

 

おっちゃん達には、共通点があってみんな少し酔っています。

 

街中で、ペンキの仕事をしていると、

「いい匂いすんな~!ペンキのいい匂いするな~!」

と、何処からともなく知らないおっちゃんが現れてきます。

 

「この匂い好きなんだよ~!」等と言って近づいて来るのですが、

こちらからしたら、

「嘘でしょ!?全然いい匂いではないし!むしろ臭い。」

と心で思いながら、おっちゃんがいなくなるのを待ちます。

 

きっとおっちゃんはペンキの匂いにアウトロー的な要素を感じ、

カッコイイと思って好きでもないペンキの匂いを好きと

言っているだけではないか?!

と私は思っています。

 

 

こんな感じでペンキの仕事をしていると、

知らないおっちゃんの出現率が多いく、

仕事中など関係なく話しかけてきます。

 

おっちゃん達の人柄は嫌いではありませんが、

ちょっと面倒くさい人達です。




 

 

-あるある。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アウトレイジ北野武の親父はペンキ屋さんだった。

映画アウトレイジの監督の北野武さんこと、ビートたけしさんの 親父さんはペンキ屋さんだったようです。