ペンキ屋さんがやってきた!初めての塗替え。

住宅塗装をする際の職人との接し方や、塗替え時に知っておきたい情報を掲載していきます。

ペンキ屋の1日。

【塗替え工事】ペンキ屋さん1日の仕事の流れとは?!

投稿日:2017-03-20 更新日:

住宅の塗装を初めてされる方や、

これから家の塗替えを考えてる方は、

家を塗装してくれる職人さんが何時頃に来て、

何時頃に休憩するのか?

何時頃まで作業するのか?

気になる職人の1日を紹介します。

家の塗替えをする時のペンキ屋さんの1日の流れ。

朝はだいたい8時頃に施主様のお宅に伺います。

(職人の出社時間はだいたい7時頃で、

会社や材料置場で支度をして施主宅へ丁度いい時間に着くように

調整して向かいます。

丁度いい時間は8時頃と暗黙のルールがあります。)

 

それから、作業を始め10時頃に一服(いっぷく)があります。

(一服とは休憩する事を言います。一服は自主的しますが、

お客さんから「休憩して下さい。」

と声をかけてくれてお茶を出してくれる事もあります。)

 

一服は20~30分程とりますが、

現場の進行具合で伸びたり、休憩がなかったりします。

(作業の工程で、下塗りが乾かない等の理由で

次の工程に進めない場合は、

次の工程に進められる状況になるまで、

休憩を取ることがあります。

決してサボってる訳ではないので、ご了承ください。)

 

逆に休憩がない場合とは、下塗りを午前中に終わらせ、

昼休みの時間を下塗りを乾かす時間に当てたい。

等の理由の他、

現場の工期が接まっているので急いでいる。

現場を仕切っている職人がやる気満々。

 

等が考えられます。

 

12時には、お昼休みに入ります。

(昼飯は、弁当を持ってきてる人、

コンビニに買いに行く人、

ラーメン屋に食べに行く人の3つです…。

と言っていい程この3つです。

職人はラーメンが好きな人が多く、

外食はラーメン屋がほとんどです。)

 

昼食の後は、9割方の職人が昼寝をします。

(昼時にコンビニの駐車場で、

車の中で足を伸ばし寝ている職人を

見た事がある人も多いと思いますが、

あれは昼寝をしています。)

 

基本は13時まで昼休みをとりますが、

これもまた現場の状況によります。

 

13時から作業を始め、15時に一服をとります。

これも、基本20~30分休憩します。

 

その後17時まで仕事をして、後片付けをして帰ります。

(会社によって終業時間は変わりますが、

遅くても18時位には帰ります。

たまに19時以降まで仕事をしている会社の噂を耳にしますが、

基本17時~18時位だと思いますが、

これも、現場の状況により変わります。

現場の工程や天候等で早く帰る事も多々あります。)

 

現場を出た後は置場に戻り、

明日の支度などをする会社もあれば、

従業員全員が現場から帰って来るまで帰れない会社、

支度もしない、従業員も待たないで帰っていい会社など様々です。

 

 

帰りの状況で、会社の良し悪しが決まる訳では全然ありません。

 

...が、

 

私が働くとしたら従業員が全員帰って

来るまで帰れない会社では働きたくないですね。

 

早く帰りたいので(^_-)-☆



-ペンキ屋の1日。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

職人の高すぎる昼食代!会社員と比較した結果?!

どうもこんにちは~☺ ペンキ屋に限らず現場で仕事をする職人のお昼ご飯はだいたい決まっていて、 コンビニで買う、ラーメン屋や定食屋に食べに行く、 結婚している方は奥さんに愛妻弁当を作っても …

【家の塗り替え】どんな工程で日数はどの位かかるの?見積もりと費用は??

「これから家を塗り替えようかな?」 と考えている方が気になるのが、 「塗替え工事は、どのような工程で進行していくのか?」 「日数はどの位かかるのか?費用は?見積もりは??」 ではないでしょうか? その …